包茎手術の体験談

包茎手術を振り返ってみて

 

私は包茎手術を受けた事があります。学生の頃から包茎に対してコンプレックスを持っており、

 

20歳を超えた頃に、コンプレックスを無くそうと思い手術を決意しました。

 

最初は色々不安もあり、情報収集や口コミなどを参考に情報収集を行いました。

 

その後カウンセリングなどを色々行かせていただき、手術を行ったのは条件などを考慮した結果、某大手クリニックで行いました。

 

包茎手術に関しても有名な所だったので、試しにカウンセリングに行くことにしました。

 

病室に入ってみると先生がおり、「ズボンを脱いで診察台に横になってください」と言われました。このクリニックは選んだ理由の一つに、スタッフが男性という点にも惹かれました。

 

やはり女性にペニスを見せるのは恥ずかしかったので、男性スタッフがいる中では、何の抵抗も無く言われるがままに先生の指示に従い、カウンセリングは終了しました。

 

私の包茎は仮性包茎らしく、色々な手術の方法や、傷痕についての説明などもされ、トントン拍子に予約などが決まっていきました。

 

手術当日は、淡々としており、ペニスに注射器で麻酔を打たれ、あっとゆう間に手術が終わってしまいました。麻酔をしていた為か、切られている事すらも判らず、

 

縫合を行っている事すら判りませんでした。時間にして大体1時間程度で終わってしまい、状態としてはただ診察台で横になっている感じでした。

 

術後はクリニックから痛み止めやアフターケアの方法などを聞き帰宅したのですが、帰宅後に麻酔が切れた為なのか、ペニスに少し痛みを感じるようになり、痛み止めを早速飲みました。

 

また、友人のアドバイスから消毒もマメに行いました。

 

お風呂ではなるべくペニスにお湯が当たらないようにしたり、興奮して勃起しないように、そういった物はなるべく避けるようにしました。

 

ただ、手術もあっという間ですし、思ったより簡単に手術が出来るので、振り返って見ると悩んでいた時期がもったいない気がします。

 

包茎で悩んでいる方は、動き出さなくては解決しません。まずはカウンセリングなどを受けるなど行動してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

  詳しくはこちら>> ABCクリニックで手術した人の評判はどうなのか